大規模修繕は「責任施工方式」か「設計監理方式」かについて詳しく解説しています。
  1. 大規模修繕は「責任施工方式」か「設計監理方式」か?メリット・デメリットを解説

大規模修繕は「責任施工方式」か「設計監理方式」か?
メリット・デメリットを解説

大規模修繕工事の発注方式①設計・監理方式

大規模修繕工事の発注方式①設計・監理方式

大規模修繕工事を発注する方式のうち、「設計監理方式」と「責任施工方式」の2つの違いについてご説明したいと思います。

まず設計監理方式とは、実際に工事を行う施工会社とは別に、建物診断・工事仕様の作成(設計)・施工会社が出した見積もりの精査・施工会社の工事監理について、設計事務所やコンサルタントに依頼するというものです。設計および監理と施工をそれぞれ別の業者が行うことになるため、施工価格や施工品質に客観的視点が生まれ、高品質・適正価格を実現しやすいのがメリットと言われています。

一方、施工会社に支払う工事費用に加えて設計事務所やコンサルタントに支払う設計および監理費用が必要になるため、全体的なコストは責任施工方式に比べて割高になる傾向にあります。しかしこれは逆に見積もりの精査によって確実に適正価格で工事を発注できるためコストダウンにつながるという見方もありますね。ただ、施工業者を選定する際に設計監理者が談合を主導したり、特定の業者に便宜を図ったりするケースがあるというデメリットもあります。

大規模修繕工事の発注方式①責任施工方式

大規模修繕工事の発注方式①責任施工方式

責任施工方式とは、建物診断から設計、見積もりの作成、施工、検査までをすべて1つの業者に一任するものです。

施工品質や施工価格をチェックする第三者的視点がないことから、手抜き工事や欠陥工事につながったり、法外な施工価格の支払いを迫られたりするケースがなきにしもあらずのようで、こうした点は責任施工方式のデメリットとされています。ただしコミュニケーションがしっかり取れていて信頼できる業者ならば、すべてワンストップで行ってくれるためあらゆる段階においてもやり取りがスムーズで、コストも抑えることができます。

また、見積価格が適正かどうかについては、相見積もりをとることで法外な価格を押しつけられるのを避けることができます。手抜き工事を行う恐れがあるかどうかについては、施工会社の監理者養成システムや施工後の検査方法について調べてみるのもいいですね。それでもどうしても不安な場合は、チェック機関として設計事務所やコンサルタントに監理を依頼するのもいいでしょう。

設計・監理方式の裏で行われている談合の実態

一般的には設計監理方式は安全・安心だけど費用がかかる、責任施工方式はコストを抑えられるが、品質の保証はない、といった論調です。しかしそれも近年変わってきたようで、逆に設計監理方式における談合が問題視されています。

談合とは・・・

入札に参加する人同士があらかじめ落札者と価格を決めておく、不公正な話し合いのこと。

設計監理方式に則った大規模修繕では、コンサルタントや設計事務所が建物診断を行った後、いくつかの施工会社から出してもらった見積もりを比較して業者を決定する、という流れですが、コンサル会社が癒着している施工会社と組んで見積価格を操作し、工事費をつり上げていくという談合が横行しているというニュースがありました。

設計監理方式を選択しながらこうした談合を防ぐには、施工会社を自ら探すしかありません。しかし、監理を行い施工をチェックする立場にある第三者が信用できないのなら、責任施工方式で信頼できる施工会社にすべて任せながらしっかりコミュニケーションをとっていくほうが安心かもしれませんね。

PAGE TOP