マンションの水漏れ、責任について詳しく解説しています。
  1. マンションの水漏れ、責任はどこにある?原因と対処法

マンションの水漏れ、責任はどこにある?原因と対処法

マンションの水漏れの原因

マンションで水漏れが発生する原因は大きく分けて以下の2つです。

人為的なもの

例:洗濯をしていてホースが外れた、防水処理がされていない箇所を洗ってしまった、植木鉢に水をやりすぎた、トイレが詰まった、キッチンの排水口から油を流そうとして詰まってしまった、など

配管の故障

例:給水管や配水管の腐蝕や劣化、破損、接続不良など

人為的なものについては水漏れを発生させた住戸も水浸しになるなどのトラブルが発生している場合が多いため、比較的迅速に発生場所および原因を特定することができます。これに対して配管の故障によって起こる水漏れは原因の特定が難しく、原因を調査している間に被害が大きくなりがちになるケースが多いという特徴があります。その他にも、屋上の防水処理箇所や貯水槽などの劣化から雨漏りが発生したり、外壁の亀裂から雨水が浸入したりして室内の専有部分や共有部分への水漏れにつながるといったケースもあります。

マンションの水漏れの責任はどこにある?

マンションの水漏れの責任はどこにある?

マンションで水漏れが起こった場合、「水漏れの発生場所」と「水漏れの発生原因」という2つの要素の組み合わせによって責任の所在が以下のように変わってきます。いくつかの例を見てみましょう。

<例1>

発生場所:共有部分または専有部分

発生原因:給排水管工事の瑕疵・欠陥

責任→工事を請け負った施工業者、または分譲した宅建業者

<例2>

発生場所:専有部分

発生原因:給排水管の老朽化

責任→水漏れが発生した住居の区分所有者

<例3>

発生場所:共有部分

発生原因:給排水管の老朽化

責任→管理組合

<例4>

発生場所:専有部分または共用部分

発生原因:お風呂の水を溢れさせた、給排水管を破損したなど

責任:人為的ミスを起こした人物(区分所有者または居住者)

基本的にその場所の管理責任を負っている人が誰であるかによって責任の所在が決まります。ただし、工事の瑕疵やお風呂の水を溢れさせたなど、明らかな人為的ミスによって発生した水漏れについては、場所にかかわらずその行為者に責任が及ぶことになります。

水漏れが起きたときの対処法

水漏れが起きたときの対処法

水漏れが発生したら、管理組合は以下の順序に沿って速やかに対処します。

①発生場所と原因の確認と特定

水漏れの連絡を受けたらただちに発生場所と原因の確認を行います。このとき、

  • ・発生時の天候
  • ・その部屋または上階の人が給排水を行っていたかどうか
  • ・給湯器または暖房の使用があったかどうか
  • ・入浴時であったかどうか

などを速やかに確認します。また漏水の性質(きれいな水か汚水か、温水かなど)も発生場所を突き止める手がかりになります。それでも発生箇所がわからない場合は専門業者に調査を依頼しましょう。

② 損害補償に関する処置

最終的に責任の所在がどこにあるかによって、それぞれが加入している保険があればその保険で損害補償を賄える可能性があります。

責任の所在 適用できる保険
施工業者 工事保険や大規模修繕工事瑕疵保険など
管理組合 施設賠償責任瑕疵保険
区分所有者または居住者 個人賠償責任保険

管理組合としては、このような事態が急遽発生したときに備えて保険の加入状況を再度確認しておくといいですね。また、工事を依頼する際には施工業者が保険に加入しているかどうかも確認しておきましょう。

PAGE TOP