マンションの騒音トラブルについて詳しく解説しています。
  1. マンションの騒音トラブル!管理組合はどうすればいい?

マンションの騒音トラブル!管理組合はどうすればいい?

騒音トラブルに対する管理組合の役割とは?

騒音トラブルに対する管理組合の役割とは?

国交省の調査によると、マンションで発生するトラブルの原因のうち、騒音トラブルは第2位という高発生率。集合住宅ではどこでも非常に多い問題ですよね。ここでの「騒音」とは居住者の生活音のことで、これによって居住者同士が対立してしまうことを「騒音トラブル」と言います。こんなとき、管理組合としてはどうすればよいのでしょうか。

実は管理組合は騒音トラブルに対して関与しないというのが原則とされています。これは、騒音トラブルはあくまで居住者同士の問題であるという考えに基づくもので、当事者となっている居住者同士で解決してもらうほかありません。

ただし、トラブルによって関係がこじれ、解決が望めなさそうな場合には、管理組合が間に立ってそれぞれの意見の聞き取り調査を行い、もう一方に伝えて妥協点を探るなどの解決のサポートを行うようにするといいでしょう。第三者が間に入ることで当事者も多少冷静になる可能性があります。

よくある騒音トラブルの原因

騒音トラブルは、最初に原因となった生活音を出している側が、まさかそれが我慢ならないほどのストレスを他者に与えているとは気づいていないケースも多く、それがさらに相手の感情を逆撫でしてしまうことがあります。騒音の原因として上位に挙がっているものを確認しておきましょう。

家電製品

テレビの音は非常によく問題になります。音量だけでなく、時間帯にも注意が必要ですね。同じく掃除機や洗濯機などの騒音もトラブルの原因になり得ますので、これらは使用する時間帯に気をつける以外にも、壁から離して設置する、防振マットを敷くといった方法を活用するといいでしょう。

子ども

子どもは集合住宅であるということを意識して自分が出す音量に注意するということができないため、大声を出したり、走り回ったりしてしまうのはある程度しかたがありません。これも床にマットを敷いたり防音・遮音カーテンを設置したりして音量を小さくする物理的な対策を立てるといいですね。

ペット

ペットの鳴き声や歩き回る音は子どもが立てる音と同じく、音を出している当事者が注意することができないため、音を漏らさない環境作りが必要です。また、共用部分でのペットに関する使用規約を決めておくことも、トラブル発生を防ぐためには重要です。

フローリング

フローリングの床は、歩いたりモノを落としたりしただけで音や振動を伝えやすく、騒音の原因になりやすいのが特徴。よく移動する部分には遮音性の高いカーペットを敷く、椅子の脚にクッションシールを貼るなどの対策を立てておくといいでしょう。

マンションの騒音は「感情公害」のケースが多い

マンションの騒音は「感情公害」のケースが多い

集合住宅での騒音トラブルを発生させるいちばんの問題は「音」そのものではないケースも多いというのをご存じでしょうか。よく知っていて話したこともある人物が立てている音と、顔も見たことがない「○号室の人」が立てる生活音では、それを耳にしたときに動く感情が異なるのです。

例えば両親のことをよく知っていて、いつもすれ違うと自分に挨拶をしてくれる小学生の子どもが走り回る音が少々聞こえても「今日も元気いっぱいやっているな」といったプラスの想像に結びつきやすいのに対し、単に年齢も性別も親御さんの顔もわからない子どもが騒ぐ音がいつも聞こえるとなると、それは単なる「騒音」となり、それを発生させている家族に怒りの矛先が向きやすくなるのです。

こうした事実を踏まえて、管理組合は以下の対策を実施しておきましょう。

  • □ 声かけや挨拶などによって近隣住戸同士が話しやすいような環境を作る
  • □ 自分が出している何気ない生活音が他者の生活を脅かすこともあると周知する
  • □ 逆にある程度の音量は広い心で許容するよう心がけることを促す
PAGE TOP